海外FXを始める前にのカテゴリ記事一覧

低資金でできてゼロカットシステムのある海外FXでの取引結果を綴っていき、どれくらいの副収入を得られたかを紹介します。

カテゴリ:海外FXを始める前に

  • 2017/09/01海外FXを始める前に

    借金までして海外FXに手を出すのはやめよう少し考えれば分かりますが、借金までして海外FXに手を出すのは避けなければなりません。海外FXに限らず、資産運用における貯蓄と投資の配分は下記の3種類が良いと考えられています。投資7:貯金3⇒短期集中的に資産運用で財産を増やしたい方におすすめ投資1:貯金1⇒リスクヘッジをしながら投資の収益を伸ばしたい方におすすめ投資3:貯金7⇒安定性と収益性で丁度良いバランスで、損失リスク...

    記事を読む

  • 2017/08/31海外FXを始める前に

    初心者が海外FXを始める上で押さえておくべきポイントは?「初心者に海外FXはハードルが高いのではないか?」とイメージしている方は少なくありません。しかし、正しい知識を持って取引を行っていれば、大きな損失を被ることなく利益を出すのは十分に可能です。以下では初心者が海外FXを始めるに当たり、押さえておくべきポイントを幾つか挙げているので一度チェックしておきましょう。破産するほどのお金をつぎ込まない海外FXに限...

    記事を読む

  • 2017/08/30海外FXを始める前に

    ネッテラーを使って海外FXは始められるの?NETELLER(ネッテラー)とは、オンライン上で決済が可能な電子マネーサービスを指します。スピーディーでシンプルな送金サービスということで、1999年に会社が設立されてから世界180ヶ国以上のお客様が利用するようになりました。・口座のお金の管理が楽になる・会員はネッテラプラスカードが使える・口座開設や維持費は無料こういったメリットがネッテラーにはあり、海外FXやオンライン...

    記事を読む

  • 2017/08/29海外FXを始める前に

    海外FXで税金は発生するの?海外FX業者で取引を行うに当たり、「海外のサービスだから日本で税金を納めなくて良いのでは?」と考えている方は少なくありません。しかし、海外FXの口座を使って取引をしていても、日本に在住していて一定の利益が出ていると税金を納める義務があります。海外FXでは課税所得額が大きくなるにつれて税率が上がる累進課税方式が採用されており、どの程度の税率で支払わなければならないのか見ていきまし...

    記事を読む

  • 2017/08/28海外FXを始める前に

    海外FXのロールオーバーとは?海外FXで取引を行うに当たり、ロールオーバーという言葉を耳にします。国内FXでも使われていますが、ロールオーバーとはポジションを持ったまま翌日へと持ち越すことです。外国為替取引は2営業日後に決済を行うルールで、ポジションを翌日へと持ち越すとスワップポイントが発生します。・FXの仕組み上、通常の取引を行った翌営業日からスワップポイントが毎日発生する・金利が異なる2種類の通貨の差額...

    記事を読む

借金までして海外FXに手を出すのはNG!

借金までして海外FXに手を出すのはやめよう


少し考えれば分かりますが、借金までして海外FXに手を出すのは避けなければなりません。

海外FXに限らず、資産運用における貯蓄と投資の配分は下記の3種類が良いと考えられています。

投資7:貯金3⇒短期集中的に資産運用で財産を増やしたい方におすすめ
投資1:貯金1⇒リスクヘッジをしながら投資の収益を伸ばしたい方におすすめ
投資3:貯金7⇒安定性と収益性で丁度良いバランスで、損失リスクが少ない

どのパターンにしても、自分の資金内で行わなければならない点では一緒です。

海外FX業者ではハイレバレッジを利かせることができ、少ない資金でも大儲けできるチャンスがあります。

そのため、「消費者金融から借金して少し運が良ければ今までの負け分をチャラにできるのではないか?」と夢見る方は多いでしょう。

しかし、借金したお金で海外FXをやるのは更なるドツボにハマるケースが多く、サラ金からお金を借りて他のギャンブルをやるのと一緒です。

・FXでハマって莫大な借金を背負ってしまった
・取り返せると思っていたが無理だった
・生活費を全てつぎ込んでしまった

このような失敗は十分に考えられるので、借金ではなく余剰資金で海外FXで取引を行ってください。

海外FXでは借金を背負うリスクが少ない!


FXの取引で借金を背負うのが怖く、中々手が出せない方は少なくありません。

しかし、国内FXと比較してみると、海外FXは借金を背負うリスクが少なくなっています。

・口座残高が0になる前に強制的に決済するロスカットがある
・口座残高が0を割ってしまっても追証無しのゼロカットがある

上記の2つが海外FXの最大の特徴と言っても過言ではなく、投資金以上の借金を背負う心配はありません。

FX取引で借金に至るケースの多くは、業者からの追加入金請求が原因です。

急激な為替相場の変動で口座残高がマイナスになった場合、国内FXでは追証(追加証拠金)が発生します。

一方で海外FXはこの追証請求がなく、残高が0を割ってもゼロの状態に戻してくれるので期日までに入金する必要はないのです。

・FXで-3000万円の借金ができた
・追証のせいで自己破産するしか道はないかも

このような書き込みは国内FX業者で取引していた方が多いので、レバレッジが高い海外FXの方が実はリスクが少ないという珍しい仕組みになっています。

無茶な取引さえしていなければ初心者でも莫大な借金を背負わずに資産運用ができるので、業者の選び方で迷っている方は知名度と信頼性の両方が高いXMで口座開設をしてみてください。


私のように海外FXのXMを利用したい方はこちらです~


海外FXが初めての方は「私が実際に運用している海外FXの始め方 」を見てね~
タグ

初心者が海外FXを始める上で押さえておくべきポイント

初心者が海外FXを始める上で押さえておくべきポイントは?


「初心者に海外FXはハードルが高いのではないか?」とイメージしている方は少なくありません。

しかし、正しい知識を持って取引を行っていれば、大きな損失を被ることなく利益を出すのは十分に可能です。

以下では初心者が海外FXを始めるに当たり、押さえておくべきポイントを幾つか挙げているので一度チェックしておきましょう。

破産するほどのお金をつぎ込まない


海外FXに限らず国内FX業者を利用する際にも同じように言えますが、破産するほどのお金をつぎ込んではいけません。

・負けが込んでいるから早く取り戻さないと・・・
・少しでも勝ちに転じないと・・・

初心者はこのように考えて有り金全部をつぎ込んで熱くなる傾向があります。

お金を増やすために投資しているので負けるのは誰でも嫌ですが、あくまでも余剰資金で行わなければならず、生活費まで削って取引するのは愚かだと心得ておくべきです。

取引しやすい通貨を考える


海外FXでは、取引しやすい通貨ペアと取引しにくい通貨ペアの2種類があります。

・ユーロ/米ドル
・米ドル/日本円
・ポンドドル/米ドル
・豪ドル/米ドル
・米ドル/カナダドル

上記のように世界的にメジャーな通貨ペアは取引量が多く、初心者が取引するに当たってピッタリです。

一方でマイナー通貨は流動性が低い特徴があり、値動きが激しい影響でリスク管理ができていないと損失を増やしかねないので注意しましょう。

ポジションを持ち過ぎないようにする


海外FXは国内の規制の対象外なので、400倍や500倍などハイレバレッジで取引できます。

スキャルピングで短期間に大きな利益を出すのに適していますが、ポジションを持ち過ぎているとあっという間に証拠金をなくしてしまうので気を付けましょう。

・国内FXで最大の25倍のレバレッジであれば証拠金維持率に問題はない
・海外FXの888倍のレバレッジでは証拠金が半減して損失が膨らみやすい

こういった違いがあり、国内FX業者での取引とは違った視点に立って投資するのがポイントです。

海外FXの取引自体は簡単!



色々と覚えなければならないことも多いのですが、海外FXの取引自体は通貨ペアを選んで買ったり売ったりするだけなのでそこまで難しくありません。

初心者が資産運用を図るに当たって、株よりも海外FXの方が遥かに手が出しやすくなっています。


私のように海外FXのXMを利用したい方はこちらです~


海外FXが初めての方は「私が実際に運用している海外FXの始め方 」を見てね~
タグ

ネッテラーで海外FXは始められる?

ネッテラーを使って海外FXは始められるの?


NETELLER(ネッテラー)とは、オンライン上で決済が可能な電子マネーサービスを指します。

スピーディーでシンプルな送金サービスということで、1999年に会社が設立されてから世界180ヶ国以上のお客様が利用するようになりました。

・口座のお金の管理が楽になる
・会員はネッテラプラスカードが使える
・口座開設や維持費は無料

こういったメリットがネッテラーにはあり、海外FXやオンラインカジノで入出金を行う際に役立ちます。

しかし、残念ながら2016年の9月いっぱいで、日本人がネッテラーを使って海外FXやオンラインカジノなどギャンブル目的の使用が不可となりました。

使い勝手が良いので日本人トレーダーの多くは海外FXで取引するためにネッテラーを使っていたものの、今現在では入金も出金も不可能です。

①2016年の8月11日に日本人のデビットカードの利用が停止された
②2016年の9月15日にオンラインカジノやブックメーカーなどのギャンブル業者とのやり取りが禁止された
③2016年の10月1日から海外FXやバイナリーオプションの利用が停止された

上記のように次々と利用用途が狭まり、海外FXで取引をしていた人にとって大ダメージなのは間違いありません。

ネッテラー以外の入出金の方法は?


ネッテラーが使えない現在、海外FXへの入出金の方法はクレジットカードと銀行振込の2種類から選択する形となります。

日本におけるオンライン金融サービスの全てが終了したわけではなく、今でも無料口座の作成が可能です。

あくまでもギャンブル業者やFX業者での利用が停止されただけで、他のサービスでは難なく使えます。

それでも、海外FXの取引では使えないため、クレジットカードによる入金が最もおすすめです。

・長くて24時間以内で基本的には即時で入金が反映される
・入金の手数料が発生しないのでコストを抑えられる

この2つのメリットがあり、クレジットカードをお持ちの方は登録して取引できるので安心してください。

クレジットカード入金に抵抗を持っている人や何かしらの理由で作成できない人は、三菱東京UFJや三井住友銀行など海外FX業者が用意した日本国内の口座へと振り込む入金方法を選択しましょう。

XMではクレジットカードや銀行振込、デビットカードを使った入金方法に対応しています。

大切な個人データを保管するためにSSL技術で全ての決済処理を行うとセキュリティも強化しているので、海外FXでの取引を考えている方はXMを利用してみてください。


私のように海外FXのXMを利用したい方はこちらです~


海外FXが初めての方は「私が実際に運用している海外FXの始め方 」を見てね~
タグ

海外FXの税金や確定申告はどうする?

海外FXで税金は発生するの?


海外FX業者で取引を行うに当たり、「海外のサービスだから日本で税金を納めなくて良いのでは?」と考えている方は少なくありません。

しかし、海外FXの口座を使って取引をしていても、日本に在住していて一定の利益が出ていると税金を納める義務があります。

海外FXでは課税所得額が大きくなるにつれて税率が上がる累進課税方式が採用されており、どの程度の税率で支払わなければならないのか見ていきましょう。

195万円以下:15%
195万円を超えて330万円以下:20%
330万円を超えて695万円以下:30%
695万円を超えて900万円以下:33%
900万円を超えて1,800万円以下:43%
1,800万円を超える金額:50%

1,800万円を超えると半分の金額を税金として納めなければならず、損をした気分になるのは仕方ありません。

海外FXの利益を確定申告する方法は?


海外FXでトレードを行い、下記に該当する方は確定申告が必要です。

・給与所得者で20万円以上の利益がある
・それ以外の方で38万円以上の利益がある

ハイリターンが見込める海外FXでは副業のような形で取り組んでいても、数十万円以上の利益を出せることはあります。

うっかりしていて確定申告を忘れていると脱税に繋がるため、自分で税務署へと申告しなければなりません。

そこで、以下では海外FXの利益を確定申告する方法を説明しているので、書き方が分からない人は一度チェックしておきましょう。

①国税庁の公式サイトの確定申告書等作成コーナーへとアクセスする
②「申告書・決算書作成開始」というボタンをクリックする
③納税所を印刷して提出する方法を選択して画面を進める
④「所得税及び復興特別所得税の確定申告書」をクリックして生年月日を入力する
⑤会社から貰った源泉徴収票を参照して給与所得や各種控除を入力する
⑥雑所得の項目に海外FXで得た所得を入力する
⑦種目には「証拠金取引」、名称には「FX業者名」、場所には「業者の住所」を入力する
⑧最後に名前や住所、住民税など基本的な情報を入力する
⑨最後に用紙を印刷して税務署へと提出する(郵送でもOK)

初めての手続きだと難しく感じるものの、毎年行っていて慣れてくれば簡単です。

どの海外FX業者でも利益が出た場合は確定申告は必要で、日本でも知名度の高いXMも当然のように該当します。

あまりにも利益を出していると途端に税金が跳ね上がってしまいますが、FX取引で使った経費を計上していれば節税対策に繋がるので、XMで取引を行う際には一度確認しておいてください。


私のように海外FXのXMを利用したい方はこちらです~


海外FXが初めての方は「私が実際に運用している海外FXの始め方 」を見てね~
タグ

海外FXのロールオーバーとは?

海外FXのロールオーバーとは?


海外FXで取引を行うに当たり、ロールオーバーという言葉を耳にします。

国内FXでも使われていますが、ロールオーバーとはポジションを持ったまま翌日へと持ち越すことです。

外国為替取引は2営業日後に決済を行うルールで、ポジションを翌日へと持ち越すとスワップポイントが発生します。

・FXの仕組み上、通常の取引を行った翌営業日からスワップポイントが毎日発生する
・金利が異なる2種類の通貨の差額が保有日数によって利息のような形で受け取れる
・金利の高い通貨を買って低い通貨を売ればスワップポイントを受け取れる
・逆に金利の低い通貨を買って高い通貨を売るとスワップポイントを支払う
・土日や祝日でポジションを持ち越した時は2日分や3日分が発生する

このようなメカニズムになっていて、スワップポイントで稼ぐ際には翌日まで持ち越さなければなりません。

長期で通貨を保有したいのに2日置きに決済するのは面倒なので、自分で処理しない限りは自動的に延長できるロールオーバーができるようになりました。

途中で休日を挟まない場合、どのような流れでロールオーバーするのか見ていきましょう。

①月曜日にFX取引でポジションを保有する
②月曜日~火曜日のロールオーバーを迎える
③自動的に決済日が水曜日から木曜日に持ち越される

1日に渡ってポジションを持ち越すことにより、決済日も1日ズレるという仕組みです。

海外FXでも国内FXでも土曜日と日曜日は決済できず、木曜日のロールオーバーを迎えた場合は自動的に新しい決済日は翌週の月曜日となります。


海外FXにおけるスワップポイント狙いの取引はどうなの?


国内FXではスワップポイントを利用し、通貨ペア間の金利差でコツコツと利益を出している方は少なくありません。

スワップポイントがプラスになるように通貨ペアを保有するだけなので簡単で、何もしなくても自動的に入金されるのがメリットです。

しかし、海外FXの取引ではスワップは軽視されやすく、資産運用として適さない理由を幾つか挙げてみました。

・ハイレバレッジでは長期間に渡ってポジションを維持するのが難しい
・ハイレバレッジを活かすには超短期売買が主流となっている

つまり、ロールオーバーして翌日に持ち越さない方が利益を積み重ねやすくなります。

海外FX業者のXMではマイナスのスワップポイントの割合が75%と高く、他の会社でも同じような数値です。

XMの最高888倍というハイレバレッジをあまり活かせないので、短期間の取引を中心に行ってみてください。


私のように海外FXのXMを利用したい方はこちらです~


海外FXが初めての方は「私が実際に運用している海外FXの始め方 」を見てね~
タグ
Copyright © ダメサラリーマンが海外FXのほったらかし自動売買で副収入を目指す All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます