海外FXの取引時間で押さえておくべきポイントは?


海外FXを始めるに当たって証拠金や注文のルールに加えて、為替市場の取引時間も同時に押さえておかなければなりません。

海外FXに限らず国内FXも取引時間は基本的に一緒で、下記の2つの特徴があります。

・月曜日の朝から土曜日の早朝にかけての平日は24時間いつでも取引ができる
・世界中で土曜日と日曜日は休場なので取引ができない

平日は各国の為替市場で開いたり閉まったりする時間が決まっているものの、どこかしらでFX取引は可能です。

海外FX業者でも国内FX業者でも平日は24時間取引ができますが、継続的に利益を出すには市場ごとの特徴を把握しておかなければなりません。

そこで、以下では各国のFX市場の取引開始時間や大まかな特徴をまとめてみました。

オセアニア市場:日本時間で6時~8時に最初の取引が行われ、終値と始値が飛ぶ窓開けと呼ばれる現象が起こる
東京市場:朝の8時に取引が開始し、ロンドンを中心とする欧州市場が開く15時までは値動きが大人しい
欧州市場:日本時間の15時くらいから始まり、ニューヨーク市場が開く21時頃まで中心となる
ニューヨーク市場:日本時間の21時から朝の6時頃まで続き、アメリカの重要な指標が発表される関係で為替レートが変化しやすい

市場に限らず土日は決済できないこととなります。

しかし、平日であれば24時間いつでも取引ができ、夜にしか時間のないサラリーマンでも子育てで家の中で過ごすことの多い主婦でも始められます。

海外FXはレバレッジの上限が高く、少ない元手で取引ができるのが国内FXとの大きな違いの1つです。


▲XMの取引時間は夏場と冬場で異なる


例えば、私が利用している海外FX業者のXMの取引時間は夏場と冬場で異なり、海外では日本と違ってサマータイムを採用しているのが大きな理由です。

日の長い夏場だけ時間を1時間早める制度を指し、「時間を有効活用できる」「エネルギーの節約に繋がる」といったメリットがあるのでヨーロッパを中心に広く採用されています。

そこで、XMでの取引時間がどう変わるのか見ていきましょう。

夏時間:日本時間で月曜日の06:05~土曜日の05:50
冬時間:日本時間で月曜日の07:05~土曜日の06:50

上記のように季節に応じて1時間のズレが生じます。

XMに限らず他の海外FX業者でも取引時間が異なるケースが多く、実際に取引を始める前に確認しておいてください。


私のように海外FXのXMを利用したい方はこちらです~



海外FXが初めての方は「私が実際に運用している海外FXの始め方 」を見てね~

  
タグ