海外FXは課税対象となるの?


・海外FXで儲けたお金は税金を支払わなくて良い
・海外の業者だから課税対象にはならない

上記のように考えている方は多いものの、海外FXでも国内FXと同じように儲けた金額に応じて税金が発生します。

・国内FXでは別の方法で得た収入は個別で税金として支払う申告分離課税
・海外FXでは給料や不動産所得などトータルで合算する総合課税

こういった違いはありますが、FX取引で得たお金が課税対象となる点では一緒です。

一定額以上の利益が出れば自分で確定申告をして税金を納めなければならず、何も知らないまま放置していると脱税に繋がって余計なお金を負担する形となるので注意しなければなりません。

海外FXでは取引で生じた利益額によって税率が変動する累進課税が適用され、どのくらいのパーセンテージとなるのか見ていきましょう。

<所得と海外FXの利益のトータル金額>
195万円以下:税率15%(所得税5%+住民税10%)
195万円を超えて330万円以下:税率20%(所得税10%+住民税10%)
330万円を超えて695万円以下:税率30%(所得税20%+住民税10%)
695万円を超えて900万円以下:税率33%(所得税23%+住民税10%)
900万円を超えて1,800万円以下:税率43%(所得税33%+住民税10%)
1,800万円を超える金額:税率50%(所得税40%+住民税10%)

900万円を超えれば43%、1,800万円を超えれば50%と非常に高い税金を持っていかれます。

これから海外FXを始める方にはそこまで関係はないものの、高いレバレッジが利くからこそ想像以上に儲けられる可能性はあり、税金に関する仕組みも覚えておくべきです。

330万円を超えると国内FXの方が税金では安くなりますが、VPSサーバーの費用やセミナー参加費用など経費として計上すれば税金は安くなるので、海外FXを使って取引をする際も心得ておいてください。



海外FXで利益が出ても確定申告をしなくて良い人もいる


海外FXで少しでも利益が出た段階で確定申告をしなければならないわけではありません。

下記の3つの条件に当てはまるケースであれば確定申告は不要です。

・給与所得があって雑所得が20万円を超えない
・無職や専業主婦など給与所得がなく、雑所得が38万円を超えない
・海外FXで取引をしていて利益が一切出ていない

きちんと稼げている人で確定申告を無申告で突っ張っていると、追徴課税+逮捕されるリスクがあるので注意しましょう。


私のように海外FXのXMを利用したい方はこちらです~



海外FXが初めての方は「私が実際に運用している海外FXの始め方 」を見てね~

  
タグ