FX取引における両建てとは?


FX取引において両建てと呼ばれる手法があり、買いと売りの2つのポジションを同時に持つことを指します。

スイングトレードやポジショントレードをしている時に両建てが有効で、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

・どんなに相場が上昇しても含み損が拡大せずに済む
・業者によるスワップの違いを利用して差額分の利益を得られる

異なる方向へと動いてしまった場合は同ボリュームの反対売買を行い、損失を確定させれば損切りを行ったのと同じ意味合いとなります。

両建ては外すタイミングが難しいので初心者には向かないものの、為替損失を最小限に食い止められる点が大きなメリットなのです。


海外FXの両建ての上手な使い方は?


両建てによる取引は国内FX業者ではなく、海外FX業者を活用すると有効だと言われています。

それは国内FX業者とは異なり、ハイレバレッジや追証ゼロのサービスが取り入れられているからです。

具体的に海外FXを使った両建てハイレバレッジトレードの上手な使い方をまとめてみました。

①同じ通貨ペアの買い(ロング)と売り(ショート)を持つために2つの海外FX業者の口座を開設する
②経済指標の発表など相場が大きく動きやすい情報を事前に調べておく
③経済指標の発表が行われる前に開設した2つの口座へと10万円ずつ証拠金を入金する
④レバレッジを300倍にして30万通貨のポジションを持つ
⑤レートが33pips動いたタイミングだと仮定すると一方がロスカットになってもう一方は残高が倍になる
⑥倍の20万円になっても片方は残高がなくなり、スプレッドの分だけ損をするので意味がない
⑦そこで両方の口座に50pipsの指値を入れておき、変動が止まらずに50pipsまで動いたと仮定する
⑧片方は33pipsでロスカットされても、もう一方は証拠金の2.5倍の利益になる

50pipsの指値ラインに届けなければ100%儲けられる手法ではないものの、異なる口座を使った両建てはどれだけマイナス分があっても口座に入っているお金だけで負担が済むゼロカットシステムを採用した海外FX業者だけの特典です。

しかし、勝率が高いからこそ両建てを禁止している業者は多く、取引末梢や口座凍結といった措置が取られます。

海外FX業者のXMでは両建て自体は禁止されていませんが、1つの口座内なのが条件で複数の取引口座間での両建てはNGです。

他のブローカーの取引口座間との両建ても利用規約で禁止されており、XMの口座を開設してFXを始める際には十分に注意してください。


私のように海外FXのXMを利用したい方はこちらです~



海外FXが初めての方は「私が実際に運用している海外FXの始め方 」を見てね~

  
タグ