国内FXでは損失の繰越が可能


2012年にFXに関する税制が変わってからというもの、国内FXでは株取引と同じように損失の繰越が可能です。

FXは課税対象となるので一定の利益が出た場合、自分で確定申告をして税金を納めなければなりません。

しかし、損失が出た時も申告しておけば、翌年以降にプラスになった際に繰り越した損失を差し引くことができます。

①損が出ても利益が出た時に備えて確定申告をする
②3年先の確定申告まで繰越控除が受けられる
③向こう3年の間に発生した利益を相殺できる

このような仕組みで、課税対象となる金額を抑えて節税対策に繋がるのがメリットです。

損失の場合は利益を出している状態とは違って確定申告の義務はありません。

それでも、3年間の損失を繰り越すに当たって取引を行わない年でも確定申告を税務署でしていることが条件なので、利益の有無に関わらず申告しておきましょう。


海外FXでは損失繰越ができないので注意


海外FXでは国内FXとは異なり、損失繰越ができないので注意が必要です。

3年間に渡って損失を繰り越せない点はデメリットの一つで、システム自体が取り入れられていません。

国内FXでは以下の流れで利益が出た年に発生する税金を抑えられます。

①2012年にFX取引で200万円の損失を出してしまった
②その年も前年度と同じように税務署で確定申告を行う
③2013年にFX取引で400万円の利益を出すことができた
④トータルで課税対象となるのは400万円-200万円で200万円
⑤200万円×税率20.315%の406,300円を支払えば良い

確定申告をしていないと損失繰越ができず、課税対象が利益を上げた400万円になるからこそ負けている年度の確定申告も大事なのはお分かり頂けるでしょう。

一方で海外FXでは損失繰越のシステムがなく、負けている年度では面倒な確定申告をしなくても良いのです。

各年ごとに税金を支払う必要がある代わりに、海外FXには以下のメリットがあります。

・100倍~1,000倍など高いレバレッジを利かせてFXの取引ができる
・トレーダーの注文通りに通貨の売買を行うので透明性が高い
・取引を続けることで入金したお金以上に証拠金が増えるボーナスの特典がある

レバレッジ規制の対象外なのが何よりの魅力的なポイントですし、パソコンの購入や電気代など経費として申告していれば損失の繰越ができなくても節税対策は可能です。

海外FX業者の中でもXMは口座開設のボーナスとして3,000円が貰えるので、選び方で迷っている方は利用してみてください。


私のように海外FXのXMを利用したい方はこちらです~


海外FXが初めての方は「私が実際に運用している海外FXの始め方 」を見てね~
  
タグ