海外FXの安全性は高いの?


FXを始めるに当たり、国内の業者を選ぼうか海外の業者にしようか迷っている方は少なくありません。

・国内FXは何となく安全性が高そう
・海外FXは少し危険な匂いがする

こういったイメージを持っている方は多く、レバレッジ規制がなく300倍や400倍で取引できるのも影響しています。

安全性の低い海外FX業者を利用し、「口座資金を持ち逃げされるのではないか?」「注文処理が不正に行われるのではないか?」といった不安を抱えるのは当然です。

しかし、結論から言えば業者の選び方さえ間違っていなければ、海外でも国内でも安全にFX取引ができます。

日本以外のFX会社は全て海外FX業者に該当しますし、星の数ほど存在すると言っても良いでしょう。

その中で信頼できるところを選ぶのがポイントで、以下では目安となる要素を幾つか挙げてみました。

・キプロス証券取引委員会(Cysec)やオーストラリア証券投資委員会(ASIC)など金融ライセンスを取得している
・運営期間が長くて長期間に渡って健全なサービスが提供されている
・スポンサーと契約していて資本力が高い(倒産するリスクが限りなく低い)
・顧客と会社の資金を別々で管理する分別管理や、顧客の資産を守る信託保全が採用されている
・FXブローカーとしての賞を幾つも受賞していて信頼がおける

中でも金融ライセンスは海外FX業者の選び方のポイントとなり、XMでは欧州を中心に10ヶ国で取得しています。

資本力が高くて安全性の高いサービスなのは間違いなく、安心して海外FX業者で取引したい方はXMを選んでみることをオススメします。


ライセンスの取得数は海外FX業者で異なる


ライセンスの取得数は海外FX業者で違いがあり、有名なサービスがどのくらいなのか見ていきましょう。

XM:10ヶ国
Traders Trust:9ヶ国
iFOREX:3ヶ国
FxPro:2ヶ国
LANDFX:1ヶ国

上記で紹介したXMが最も多く、安全性が高いかどうかの指標となります。

「金融ライセンスを持っている=政府認可のブローカーとして信頼に値する」と考えられ、突然出金ができなくなるようなトラブルはライセンス無しの業者で起こっているケースが多いので注意が必要です。

とは言え、海外FX業者は国内FX業者とは違い、投資家からの注文は全てカバー先の銀行へと電子的に直結されている透明性の高いNDD方式と呼ばれるシステムが採用されています。

「顧客の損失=業者の利益」となる国内FX業者とは異なるので、選び方さえ間違っていなければ海外FXは遥かに安心です。


私のように海外FXのXMを利用したい方はこちらです~


海外FXが初めての方は「私が実際に運用している海外FXの始め方 」を見てね~
  
タグ