海外FXのロールオーバーとは?


海外FXで取引を行うに当たり、ロールオーバーという言葉を耳にします。

国内FXでも使われていますが、ロールオーバーとはポジションを持ったまま翌日へと持ち越すことです。

外国為替取引は2営業日後に決済を行うルールで、ポジションを翌日へと持ち越すとスワップポイントが発生します。

・FXの仕組み上、通常の取引を行った翌営業日からスワップポイントが毎日発生する
・金利が異なる2種類の通貨の差額が保有日数によって利息のような形で受け取れる
・金利の高い通貨を買って低い通貨を売ればスワップポイントを受け取れる
・逆に金利の低い通貨を買って高い通貨を売るとスワップポイントを支払う
・土日や祝日でポジションを持ち越した時は2日分や3日分が発生する

このようなメカニズムになっていて、スワップポイントで稼ぐ際には翌日まで持ち越さなければなりません。

長期で通貨を保有したいのに2日置きに決済するのは面倒なので、自分で処理しない限りは自動的に延長できるロールオーバーができるようになりました。

途中で休日を挟まない場合、どのような流れでロールオーバーするのか見ていきましょう。

①月曜日にFX取引でポジションを保有する
②月曜日~火曜日のロールオーバーを迎える
③自動的に決済日が水曜日から木曜日に持ち越される

1日に渡ってポジションを持ち越すことにより、決済日も1日ズレるという仕組みです。

海外FXでも国内FXでも土曜日と日曜日は決済できず、木曜日のロールオーバーを迎えた場合は自動的に新しい決済日は翌週の月曜日となります。


海外FXにおけるスワップポイント狙いの取引はどうなの?


国内FXではスワップポイントを利用し、通貨ペア間の金利差でコツコツと利益を出している方は少なくありません。

スワップポイントがプラスになるように通貨ペアを保有するだけなので簡単で、何もしなくても自動的に入金されるのがメリットです。

しかし、海外FXの取引ではスワップは軽視されやすく、資産運用として適さない理由を幾つか挙げてみました。

・ハイレバレッジでは長期間に渡ってポジションを維持するのが難しい
・ハイレバレッジを活かすには超短期売買が主流となっている

つまり、ロールオーバーして翌日に持ち越さない方が利益を積み重ねやすくなります。

海外FX業者のXMではマイナスのスワップポイントの割合が75%と高く、他の会社でも同じような数値です。

XMの最高888倍というハイレバレッジをあまり活かせないので、短期間の取引を中心に行ってみてください。


私のように海外FXのXMを利用したい方はこちらです~


海外FXが初めての方は「私が実際に運用している海外FXの始め方 」を見てね~
  
タグ