海外FXで税金は発生するの?


海外FX業者で取引を行うに当たり、「海外のサービスだから日本で税金を納めなくて良いのでは?」と考えている方は少なくありません。

しかし、海外FXの口座を使って取引をしていても、日本に在住していて一定の利益が出ていると税金を納める義務があります。

海外FXでは課税所得額が大きくなるにつれて税率が上がる累進課税方式が採用されており、どの程度の税率で支払わなければならないのか見ていきましょう。

195万円以下:15%
195万円を超えて330万円以下:20%
330万円を超えて695万円以下:30%
695万円を超えて900万円以下:33%
900万円を超えて1,800万円以下:43%
1,800万円を超える金額:50%

1,800万円を超えると半分の金額を税金として納めなければならず、損をした気分になるのは仕方ありません。

海外FXの利益を確定申告する方法は?


海外FXでトレードを行い、下記に該当する方は確定申告が必要です。

・給与所得者で20万円以上の利益がある
・それ以外の方で38万円以上の利益がある

ハイリターンが見込める海外FXでは副業のような形で取り組んでいても、数十万円以上の利益を出せることはあります。

うっかりしていて確定申告を忘れていると脱税に繋がるため、自分で税務署へと申告しなければなりません。

そこで、以下では海外FXの利益を確定申告する方法を説明しているので、書き方が分からない人は一度チェックしておきましょう。

①国税庁の公式サイトの確定申告書等作成コーナーへとアクセスする
②「申告書・決算書作成開始」というボタンをクリックする
③納税所を印刷して提出する方法を選択して画面を進める
④「所得税及び復興特別所得税の確定申告書」をクリックして生年月日を入力する
⑤会社から貰った源泉徴収票を参照して給与所得や各種控除を入力する
⑥雑所得の項目に海外FXで得た所得を入力する
⑦種目には「証拠金取引」、名称には「FX業者名」、場所には「業者の住所」を入力する
⑧最後に名前や住所、住民税など基本的な情報を入力する
⑨最後に用紙を印刷して税務署へと提出する(郵送でもOK)

初めての手続きだと難しく感じるものの、毎年行っていて慣れてくれば簡単です。

どの海外FX業者でも利益が出た場合は確定申告は必要で、日本でも知名度の高いXMも当然のように該当します。

あまりにも利益を出していると途端に税金が跳ね上がってしまいますが、FX取引で使った経費を計上していれば節税対策に繋がるので、XMで取引を行う際には一度確認しておいてください。


私のように海外FXのXMを利用したい方はこちらです~


海外FXが初めての方は「私が実際に運用している海外FXの始め方 」を見てね~
  
タグ